HOME>記事一覧>高品質の作業を実現するために守りたいこと

塗装のタイミングを見極める

男性作業員

浴室のシャワーのホースから水漏れするようになった、洗面所の排水口に不溶物を落として水が流れなくなった、などの水トラブルに関しては早急に対応する人が多いです。一方で外壁のメンテナンスは先延ばしする人が目立ち、それにより建物の老朽化を促進させているケースは多々あります。京都で外壁塗装をするときは、事前に外壁診断を受けて適切な時期を見極めましょう。タイミングが遅すぎると外壁がダメージを受けますし、早すぎると塗料がキレイに乗らなくなります。

雨天は極力塗装を避けること

塗装作業

塗装にとって雨は大敵であり、京都の外壁塗装会社は原則として雨天時は作業をしません。雨天でも作業をするという会社は、塗装効果よりも自社の利益を重視する傾向が強いので避けてください。

必要な作業工程を省略しないこと

外壁塗装は正しい作業工程で施工しなければ、塗装効果が軽減してしまいます。例えば、外壁塗装をする前には外壁をよく洗浄して汚れを落とすことが大切です。また塗装をするときは塗料が飛散しますから、飛散防止用シートで養生をする必要があります。塗装をする回数は原則3回であり、1~2回だと十分な耐用年数や強度を実現できなくなります。京都で外壁塗装会社を探すときは、作業工程に省略がないかチェックしておきましょう。

広告募集中